きんじろうカフェとcafé小田原柑橘倶楽部は城観光のランチにおすすめ|食レポ

きんじろうカフェとcafé小田原柑橘倶楽部は小田原城観光のランチにおすすめカフェ
スポンサーリンク

小田原城観光に来たときにランチをどこで食べるかお探しの方、「きんじろうカフェ」と「café小田原柑橘倶楽部」がおすすめです!

らっ子
らっ子

小田原城周辺というより、もはや小田原城の敷地内!
少し歩くだけでたどり着くことができます。

この記事では、おしゃれで子連れでも入りやすい、「きんじろうカフェ」と「café小田原柑橘倶楽部」の魅力をたっぷり紹介します。

スポンサーリンク

小田原城の報徳二宮神社にある「きんじろうカフェ」&「café小田原柑橘倶楽部」

きんじろうカフェの店内の様子

小田原城の敷地内にある神社「報徳二宮神社」。
二宮尊徳(二宮金次郎)の教えを慕う人たちによって、二宮尊徳を御祭神として建てられました。

きんじろうカフェの前にある二宮金次郎

二宮金次郎像

二宮尊徳

二宮尊徳像

らっ子
らっ子

二宮金次郎は小田原出身なんですよ!

「きんじろうカフェ」と「café小田原柑橘倶楽部」は、この神社の境内(杜のひろば)にあります。

きんじろうカフェ

きんじろうカフェの外観
報徳二宮神社の神である二宮尊徳(二宮金次郎)に親しめるカフェ。
実際に金次郎が食べていた「呉汁(ごじる)」や本格派のコーヒーが楽しめます。
ここでしか手に入らない、金次郎オリジナルグッズも販売しています。

きんじろうカフェの店内

café(かふぇ)小田原柑橘倶楽部

cafe小田原柑橘倶楽部
小田原柑橘倶楽部は、報徳二宮神社と小田原市片浦地区のみかん農家さんが発起人となりできた団体。
地元の柑橘を使った「地域振興サイダー」やジェラートなどを販売しています。

カフェ小田原柑橘倶楽部の店内

スポンサーリンク

おしゃれだけど入りやすく、子連れに優しい設備

カフェに続く道は正面入り口の他に小田原城側入り口もあります。

報徳二宮神社入り口

2店舗は建物がつながっていて、手前が「きんじろうカフェ」、奥が「café小田原柑橘倶楽部」という立地です。
神社内にある……というと神聖な感じがしてちょっと構えてしまいますが、オープンなカフェでとっても入りやすいです!

杜のひろば

らっ子
らっ子

和モダン風の外観がおしゃれ♪

お庭にもイートインスペースがあります。

きんじろうカフェとcafé小田原柑橘倶楽部は小田原城観光のランチにおすすめ

きんじろうカフェにはオープンテラスもある

テーブル、席
ベンチは高すぎず、お子さんでも座りやすいと思います。
取材した日はちょうど七五三でにぎわっていましたが、3歳ちゃんは座らせてもらって、7歳ちゃんは自分で座れていました。

きんじろうカフェの店内の様子

トイレ
トイレは3室あります。
※男性/男女可/女性

カフェ内にはトイレもある

中はとてもきれいです。

おっ太
おっ太

男性用のトイレには金次郎の身長に合わせた?シルエットが書かれています。背が高い!

ちなみに、完全禁煙です。

この辺りも子連れに嬉しいですね。

きんじろうカフェ・café小田原柑橘倶楽部の営業時間&アクセス

営業時間平日11:00~16:00
休日10:00~16:30
定休日なし(台風など悪天候のときやメンテナンス時に不定期に休むことがあるそうです)

デザート目的のお客さんが多いせいか、お昼時よりも少し遅めの時間帯(15時くらい)が混む印象です。

MAP

小田原駅東口から小田原城を通ると約15分/お堀端通り経由で約20分

駐車場
報徳二宮神社の有料コインパーキング(30分200円、その後30分毎200円)
1グループ2,000円以上のカフェの利用で、1台1時間の駐車補助券を発券してもらえます。
満車の場合は近隣コインパーキングを利用することになります。

どんなメニューがある?

それぞれ趣向を凝らしたカフェメニューがあります。

きんじろうカフェのメニュー

きんじろうカフェのメニュー2

きんじろうカフェは金次郎にちなんだメニューが中心。
デザートも和風です。
一方、café小田原柑橘倶楽部は小田原の柑橘類をたっぷり使ったフレッシュなメニューが多いです。

きんじろうカフェのメニュー

  • カフェアメリカーノ:400円
  • ジンジャーカプチーノ:600円
  • きなぽん。:400円
  • 呉汁(ごじる):550円
  • 呉汁セット:850円 などなど……

※すべて税別

こちらはきなぽん。と呉汁です。

きなぽん。セット

café小田原柑橘倶楽部のメニュー

  • 地域振興サイダー(片浦レモンサイダー、小田原みかんサイダー、小田原梅サイダー):350円
  • 特製チキンカレーライス:850円
  • 季節のジェラート:380円
  • ふわふわシフォン♪:450円
  • 小田原レモンクラフトチューハイ:550円 などなど……

※すべて税別

らっ子
らっ子

片浦は小田原の一地域です。レモンやみかん、オレンジなど、一年中柑橘類が実る柑橘の里なんですよ!

チキンカレーライスは報徳会館の料理長が作る特製カレー。
パーティーの際に振舞われるそうで、おいしいと評判です。

季節のジェラート(380円)は、2019年11月時点では以下の8種類がありました。

cafe小田原柑橘倶楽部のジェラート

  • イタリアンバニラ
  • ほうじ茶
  • キウイフルーツ
  • 清見みかん
  • 栗(マロン)
  • ブルーベリー
  • 苺(とちおとめ)
  • お塩

ほうじ茶とマロンのジェラート。
ミルキーでおいしかったです♥

マロンとほうじ茶のジェラート

おすすめメニュー

きんじろうカフェに来たなら、呉汁セット(850円)がおすすめ!
味噌汁風スープ「呉汁」と、地魚炊き込みご飯にホットウーロン茶のセットです。

きんじろうカフェの呉汁セット

らっ子
らっ子

「えぇ~? お茶と2品だけ?」と侮るなかれ!

呉汁はどんぶりサイズのお椀にたっぷりと粗挽き大豆&野菜が入った、スープパスタならぬスープサラダです。
大豆やしょうが、その他の野菜から出た出汁の旨みと、味噌の優しい風味。
これだけでも結構お腹いっぱいになります!

二宮尊徳考案の呉汁

それから、地魚炊き込みご飯のお魚は日替わり(私が訪れたこの日はキンメダイでした!)。
梅干し、ネギ、塩昆布がトッピングされていて、どこかほっとするふるさと感覚の味わいです。
思わずおかわりしたくなる味で、二宮金次郎のように三杯くらい行けちゃいそう。

金次郎の食生活について解説したた冊子も付いてきます。
呉汁の作り方も載っていますよ!

尊徳の食事

きなぽん。もおすすめ。
噛めば噛むほどモチモチするパン(?)。
食感がとっても面白いです。

きな粉とたっぷりのカラメルソースも相性ばっちりで、ついがっついてしまいます(きな粉でむせないよう注意!)。

きんじろうカフェのきなぽん。

素敵な自然を楽しみながら、ゆったり時間を過ごせます。

報徳の杜

ここでしか買えない、オリジナルグッズ&お土産!

お土産コーナー

きんじろうカフェ

  • きんじろうこどもハンカチ
  • きんじろうガーゼハンカチ
  • きんじろうクリップ
  • 御朱印帳
  • スマホスタンド などなど……

お土産のハンカチ

御朱印帳

薪ではなくてスマホを背負う金次郎!?
誰もが知っている二宮金次郎ですが、意外な発想のコラボレーションですね。

café小田原柑橘倶楽部

  • 片浦レモン、小田原みかんドロップ
  • 片浦レモン、小田原梅、小田原キウイの生ようかん などなど……

cafe小田原柑橘倶楽部のお土産

らっ子はcafé小田原柑橘倶楽部で、カタクチイワシのパテ(片浦レモン&クリームチーズ)を購入しました。

カタクチイワシのパテ

片浦レモン&クリームチーズ風味
価格:864円

カタクチイワシのパテは、箱根オーベルジュ「オー・ミラドー」のオーナーシェフである勝又登氏が監修した商品です。
小田原漁港で水揚げされたカタクチイワシ・片浦産のノーワックスレモンが使われています。

カタクチイワシのパテ中身

ほろほろっとした食感で、イワシの旨み、クリームチーズの濃厚さ、レモンの爽やかさを一度に楽しめました!

カタクチイワシのパテをパンにつけて

ぜひ一度、きんじろうカフェ&café小田原柑橘倶楽部へ!

清らかな神社でお参りして心を落ち着かせたら、きんじろうカフェへ!
二宮金次郎や昔の人々の暮らしに思いを馳せつつ、ゆったりとした気分で過ごせます。
一緒に訪れた人とお弟子さんになった気持ちで語り合ったら、もしかすると学問やビジネスのご利益があるかも!?

ホームページ小田原城内 報徳の杜

コメント

タイトルとURLをコピーしました