新栄堂のたい焼きは天然物!地元民が愛する伝統と熟練の味を食す!

新栄堂のたい焼きは天然物!地元民が愛する伝統と熟練の味を食す!和菓子
スポンサーリンク

小田原百貨店のすぐ近くにある「新栄堂(しんえいどう)」の鯛焼きが絶品です!

特徴は、一匹ずつ型で焼く“一丁焼き”!
丁寧に作られているので、木彫りの鯛のようなきれいな見た目とパリっと食感が楽しめるんですよ。

スポンサーリンク

小田原市中町・新栄堂の鯛焼き

新栄堂は小田原駅から歩いて15分くらいのところにあるお菓子屋さんです。

新栄堂の外観
近くにはヤオマサ中町店や小田原百貨店寿町店があります。
駅からは離れているので、スーパーを目指して進むと分かりやすいですよ。
小田原駅からバスで向かうのであれば、「芦子橋」バス停で降りると近いです。

看板に「名代手焼 瓦せんべい」とあるように、手作りせんべいを扱っています。

もうひとつの名物が鯛焼き。
一つ130円です。
毎日14時からの販売で、夕方には売り切れになっていることが多いです。

らっ子
らっ子

近所の人が通い詰めるほど人気なんだそう!

天然物鯛焼きだからこその見た目と食感

新栄堂の鯛焼きは「天然物」と言われます。

これは一匹ずつを型に入れ焼くという一丁焼き製法のこと。
参考天然のたいやき – 天然たいやき!鳴門鯛焼本舗

一丁の焼き型に生地と餡を入れ、直火で焼き上げます。
個体差が出やすいので、ムラなくきれいに焼き上げるのには熟練が必要なんだそうです。
※くりこ庵のように連式の焼き型を使うタイプは「養殖物」と言われます。

今回は14時過ぎに到着。
ちょうど焼きあがったものをいただくことができました。

ご覧ください!

小田原市中町・新栄堂の鯛焼き
ウロコがくっきり、尾びれも尖って反りあがっています。
ものすごーく精巧な形にびっくりしました。

天然物鯛焼きだからこその見た目と食感
生地は薄いものの、噛み応えがあるしっかりとした食感。
中の粒あんもたっぷりです。

しっぽの中まで餡

らっ子
らっ子

しっぽの中まで餡が入っていました♪

餡は甘すぎないので食べやすいです。
2匹食べちゃいましたが、食べ飽きない味だと思いました。

形良し・食感良し・味良しと3拍子そろっている新栄堂の鯛焼き。
小田原駅からのアクセスはあまり良くありませんが、地元の人に人気の理由が分かりました。

おまけ:
すぐ横を流れる山王川には鳥がたくさん飛来していて、眺めているだけで癒されました♪

新栄堂の横の山王川
山王川にいる鳥
スポンサーリンク

新栄堂のアクセス・営業時間

新栄堂

営業時間
8:00~19:00
※鯛焼きの販売時間は14:00~
定休日
日曜日
所在地
神奈川県小田原市中町2-9-8
電話
0465-22-4352
ホームページ
新栄堂 – 緑町/たい焼き・大判焼き [食べログ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました